曹洞宗 鞍渕山 春林院

春林院紹介

ご挨拶

春林院紹介

外正面 画像
外正面、本堂内画像外正面、本堂内画像

曹洞宗春林院は山号を鞍渕山と称し、文明元年(1469)掛川市内上垂木七窪の浄域に創建。遠江地頭職本郷城主14代原頼郷の伯母春窓林尼公を開基と成し、天文4年(1535)現在地に移転開創す。
開山に可睡斎七世太陽一鴒禅師を請し、二祖を開基春窓尼公の甥松巌嶺藤大和尚とし、寺号を尼公の法名に因み「春林院」とす。
爾来法運大いに栄え末寺10か寺を逐次開闢、遠州秋葉総本殿可睡斎後見寺として現在に至る。

御本尊は「能満虚空蔵菩薩」、脇寺に「毘沙門天」「不動明王」を祀り、東室中に豊川稲荷ダキニ真天を、西室中には33体の三十三身観音、雑巾観音、釈迦涅槃像を、また須弥壇裏仏殿には釈迦三尊並びに五百羅漢を祀る。
境内には三十三観音と地蔵群、並びに原野谷稲荷大明神等が参拝者をお迎えする。

また、天井絵も必見の価値あり。
位牌堂奥の開山堂の天井絵72枚は、江戸後期の絵師村松道安(谷文晁派村松依弘の弟子)の作。
本堂須弥壇内陣32枚の天井絵も江戸時代後期(作者不詳)の作であり、何れも当時の彩色のままである。
さらに平成27年庫裡の大改修工事に伴い書院の天井には60枚の花鳥絵が奉納され、天井絵の寺として異彩を放っている。

西三十三観音 天井絵 書院天井 の画像です。西三十三観音 天井絵 書院天井 の画像です。西三十三観音 天井絵 書院天井 の画像です。

白木観音 原野谷稲荷 山門観音 の画像です。白木観音 原野谷稲荷 山門観音 の画像です。白木観音 原野谷稲荷 山門観音 の画像です。


ビオトープ自然公園

散策路、せせらぎゾーンの画像です。散策路、せせらぎゾーンの画像です。

桜、ベンチ コナラの木 の画像です。桜、ベンチ コナラの木 の画像です。


春林院古墳




電話問合せ
メール問合せ